COLUMN脱毛コラム

アスリート脱毛でパフォーマンスアップ?脱毛する理由とメリットを解説

脱毛はペルルで最後にしよう!
全身脱毛・医療脱毛(医療レーザー脱毛)を受けられる大宮のペルルクリニック

オリンピックや世界大会などで活躍するアスリートや、趣味でスポーツを楽しんでいる方々の多くは脱毛の経験者です。エチケットとしての需要が高かった脱毛ですが、アスリート脱毛は別の意味でも注目されています。

今回はアスリート脱毛とは、メリットやデメリット、人気の部位などについて解説します。

アスリート脱毛とは 

世界で活躍するアスリートだけでなく、日常的にスポーツを楽しむ人にも注目されているのがアスリート脱毛です。アスリート脱毛とは、パフォーマンス向上や筋肉を美しく見せるため、ウェアの邪魔にならないようにする脱毛を指します。

水泳選手やボディビルダー、格闘技のように肌の露出が多いスポーツはもちろんですが、柔道や空手のように道着を着用するアスリートも脱毛をしています。コンマ数秒で結果が決まるトップクラスのアスリートほど、無駄を削ぎ落して競技に集中するため、脱毛に関心が高いと言えるでしょう。

アスリート脱毛のメリット

アスリートはもちろんですが、ジムでの運動習慣やスポーツを趣味にする方々にまで、脱毛への関心度が高まっています。脱毛することで、得られるメリットはどのようなものでしょうか。

パフォーマンスの向上

世界で活躍するアスリートのほとんどが脱毛していることからも、脱毛はパフォーマンス向上や記録の更新に影響を与えているのは間違いありません。

水泳では水の抵抗を少しでも無くすための水着が開発されていますし、陸上選手のスパイクも同じように作られています。空気抵抗や摩擦から体を守ることにより、0.1秒、0.1cmの記録を伸ばせます。着用するウェアだけでなく、自分の体毛にすら神経を使うからこそ、超人的なパフォーマンスを見せてくれるのです。

美しさを競う体操やバレエ、フィギュアスケート選手は、ムダ毛を気にしてポーズが取れなくならないように脱毛しています。この他にも、社交ダンスなどの競技ダンサーも踊りに集中できるように脱毛をしています。

ボディラインを美しく見せるため

筋肉の美しさを競うボディビルや、演技の力強さと美しさで魅了する体操競技など、筋肉と姿勢、所作が点数につながる競技があります。SNSではトレーニングの様子や筋肉の変化、その成果を配信できるようになり、回りから評価をもらえるようになりました。

鍛えられた体を美しく見せるだけでなく、自分の記録として残すためにも、脱毛してスッキリしたい方が増えています。ジムで体つくりをする方の中には、ライバルや他人と差をつけるために脱毛する人もいます。筋肉をアピールするには、ムダ毛がないすっきりした肌の方が、見た目にも美しいからです。

ケガの治療時やテーピング処置が楽になる

ラフプレイが多いフィード上では、選手同士のぶつかり合いや転倒によるケガも少なくはありません。厳しいトレーニングで鍛えていても、ちょっとしたタイミングのズレによって筋肉を傷めてしまうこともあります。

ムダ毛があると応急処置やテーピングがうまくいかず、パフォーマンスの低下につながるケースもあるでしょう。十分な効果が得られないだけでなく、テープをはがすときにムダ毛が絡んでしまい、傷が開くと雑菌が入りこんでケガが治りにくくなります。

ムダ毛がないとケガの治療や処置が早くなり、はがした時に毛を巻き込まず痛みが少ないです。

清潔感アップ

運動して汗をかくのは当たり前ですが、ムダ毛に汗がからんでウェアがべったりすると清潔感がなくなります。ジムでは他人同士が譲りあってマシンを使うため、汗のニオイが気になることもあるでしょう。

脱毛でムダ毛がなくなれば、ニオイや蒸れから解放されるだけでなく、周囲の目を気にすることなく運動に集中できます。清潔感を大切にするだけでなく、蒸れによって集中力が途切れてしまわないように脱毛するスポーツ選手もいます。

相手に不快感を与えないため

アスリートやスポーツ選手は観客から見られることが多いため、エチケットとして脱毛を始めることも少なくはありません。

体の密着が多い競技では、対戦相手に対して失礼がないようにエチケットとして脱毛する選手もいるそうです。相撲や格闘技などは練習で体毛がすり切れてしまうことも多いようですが、練習で体が密着したときに相手に不快感を与えないように脱毛しています。

スポーツの熱気を楽しみに観戦しているわけですから、ムダ毛がユニフォームからチラ見えするのは見た目によくありません。選手同士だけでなく、観客にもスポーツを楽しんでもらえるように脱毛が行われています。

メンタルケアのため

アスリートは体力や気力が一般人よりも高く、メンタルも強い印象があります。スポーツ選手やアスリートは、常にプレッシャーと戦っていますが、決してメンタルが強いわけではありません。ケガをすることもありますし、思うような記録が出ないこともあるでしょう。

ライバルと切磋琢磨しながら記録を出していくには、メンタルケアも必要です。脱毛することで「毛(ケガ)がない」とゲンを担ぐアスリートもいます。

練習時間の確保

体に傷がつかないように毛の自己処理をするには、慎重になるため時間がかかります。

脱毛すれば、自己処理の時間を作るのが不要になり、トレーニングや練習に集中できます。練習時間が十分に確保されると、精神的に安定したパフォーマンスができるようになり、記録を伸ばせるでしょう。

ムダ毛処理の時間を、自分の体やメンタルケアに使えるのは大きなメリットです。

アスリート脱毛にデメリットはあるのか 

アスリートにはメリットが多い脱毛ですが、デメリットもあります。

大切な時間を、肉体改造や記録更新のために使うアスリートやスポーツ戦士にとって、アスリート脱毛はどのようなデメリットがあるのでしょうか。

日焼けするスポーツは要注意

ビーチバレーやサーフィンなど、海上スポーツは日焼けしやすく、脱毛のタイミングが難しくなります。
医療脱毛は日焼け肌でも行えますが、紫外線を浴びた直後の肌は熱を持っています。施術は日焼けが沈静して火傷リスクがないのを確認してから行うため、スケジュール調整が難しいでしょう。

脱毛直後は運動ができない

脱毛当日は肌が過敏になっているだけでなく、肌の奥に熱がこもっているため、激しい運動やトレーニングによって発熱するケースがあります。全身の皮膚が熱を持ってしまうと、痛みやほてりが強くなり眠りにくくなってしまいます。炎症を起こしてしまうリスクだけでなく、睡眠不足によって回復が遅れてしまうなどデメリットしかありません。

運動によって大量の汗をかいてしまうと毛穴から雑菌が入ってしまい、毛嚢炎になるリスクもあります。

脱毛のタイミングが難しい

脱毛は毛周期に合わせて通うため、脱毛スケジュールを組んで始める必要があります。

試合や遠征などがあるアスリートの場合、その合間やオフシーズンを利用した調整が必要です。

自分のタイミングで通えたり全国に支店があり通いやすかったりするなど、あらゆる面でサービスが行き届いたクリニックが良いでしょう。

アスリート脱毛・スポーツ脱毛で人気の部位

アスリートやスポーツ選手が脱毛するのは、パフォーマンスアップやルーティンを守るためです。
アスリートやスポーツ選手は、どの部位を脱毛しているのでしょうか。

全身脱毛

格闘家・プロレスラーや水泳、女性アスリートに人気があるのが全身脱毛です。

バレエや水泳・体操競技など肌の露出が多く、美しさを競うスポーツ選手やアスリートは全身脱毛しています。自分では手が届かないところまで脱毛できれば、自己処理の必要がなくなって時間を節約できます。

自己処理に使う時間は、練習やトレーニングだけでなく、リラックスして過ごせるなどメリットが多いです。ウェアから出ている皮膚にムダ毛が張りついていると清潔感にも欠けるため、スポーツを楽しむ意味でも全身脱毛しています。

VIO脱毛

全身脱毛と同じで、美しく見せるための競技で衣装やウェアからムダ毛がはみ出すと、不快感を与えます。

毛の量が多く自分で処理するのは難しい部位ですし、運動量が多いと汗で蒸れやすく集中力が低下にもつながります。ニオイも気になりますし、清潔な状態を保つことによって、競技に集中できるのはメリットです。

股ずれ予防のために脱毛しているサッカー選手も多く、激しい運動によるトラブル防止のために行われているケースがあります。

部分脱毛

競輪選手は、すね毛がチェーンに巻き込まれてケガをしないための予防や、空気抵抗を少なくしてタイムを伸ばすために部分脱毛をしています。ユニフォームから見えてしまう部位や、ケガをしやすい腕やすねなどを積極的に脱毛するケースもあるそうです。

男性スポーツ選手は、部分脱毛から始める方が多く、ヒゲや脇毛など清潔感が失われる部位から始めています。空気抵抗を減らすために、ウェアから見える部位だけを脱毛することを選ぶ選手もいるほどです。

気になる部位だけを集中して脱毛すれば、限られた時間を有効に使え、パフォーマンスへも影響を抑えられます。

アスリート脱毛・スポーツ脱毛は医療脱毛がおすすめ 

アスリート脱毛やスポーツ脱毛には、サロンより医療機関での脱毛がおすすめです。

なぜサロン脱毛より医療脱毛をおすすめするのか、その理由を解説します。

短期間で脱毛効果が実感できる

医療脱毛は、医療機器であるレーザーを使って行われる施術です。レーザー脱毛のパワーはサロンで使用される機械よりも強いため、短期間での脱毛効果が高いです。

世界で活躍するアスリートのオフ期間は短く、1年の多くがトレーニングや練習、試合のスケジュールで埋められています。ルーティンを崩すことなく、パフォーマンス向上を狙うには、短い時間で脱毛を終わらせることが大切です。

医療機関での脱毛で安心感がある

医療脱毛は、クリニックで行われる医療行為です。施術前の診察で、体調や皮膚の状態をチェックしてから施術が行われます。高い技術をもった医療従事者が、患者の皮膚の状態をチェックしながら脱毛するため安心です。

痛みを感じやすい方には麻酔も用意されていますので、心配なく脱毛できます。レーザーによる火傷を心配する方もいますが、高い技術をもった医療従事者が担当し、万が一のトラブルにも素早く対応します。

治療や薬の処方ができるのもクリニックだけのメリットです。

永久脱毛が期待できる

脱毛組織を破壊するパワーがあるレーザー脱毛なら、永久脱毛が期待できます。永久脱毛とは、施術が終わった後のムダ毛の本数が20%以下で、それを保てる状態を指します。医療脱毛で使用されるレーザーは、強いパワーで毛根や発毛組織を破壊するため、少ない回数で効果が実感できるのです。

安定したパフォーマンスを継続するためにも、一流アスリートならきれいな状態をキープすべきでしょう。練習やプレイに集中できる環境作りに向けて、永久脱毛が期待できる医療機関での脱毛をおすすめします。

スポーツ脱毛はプロを目指すなら当たり前?

プロのスポーツ選手を目指して奮闘している子どもや、ジュニア選手の中には小学生で脱毛を始めるケースもあるようです。一流のアスリートだけでなく、ジムなどで日常的に汗を流す人達も脱毛を始めています。

エチケットとして美意識だけでなく、スポーツを楽しむための脱毛が注目されています。

肌を傷つけない

ジムでマシンを使ったり、ヨガなどのフィットネスでは、動きやすいようなウェアを着用します。体を大きく動かすには、フィット感があり伸縮性のあるウェアが必要です。関節部分などに生地があると動きが制限されますから、肌の露出も多くなりますし、ボディラインがわかりやすいため、ムダ毛の処理も必要でしょう。

自己処理ではできる部位は限られていますし、ムダ毛が生えてくるたびに自己処理を繰り返していると肌を傷つけてしまいます。このような危険性から体を守るためにも、医療機関での脱毛がおすすめです。

意識を持つことができる

水泳やバレエなど肌の露出が多いスポーツでは、体毛があると目立ってしまい、周囲と比較されやすくなります。姿勢や動きの美しさが競われるスポーツでは、自分の体を意識することがパフォーマンス向上につながります。

脱毛してしまえば、他人にからかわれることもありませんし、自信を持ってプレイに集中できるようになるでしょう。自分の体に向き合うことで、スポーツ選手としての意識を高めたり、自分の限界までチャレンジする精神が芽生えます。

脱毛することで、自分の体を意識し自信を持てるようになれるのもメリットです。

ウェアの着こなしに役立つ

バレエや新体操など、体の動きや筋肉で表現するスポーツは、ムダ毛があることで魅力が半減します。健康や趣味で運動を始めた人がテンションを上げるには、おしゃれなスポーツウェアが必要です。

筋肉を美しく見せたり、動きを軽やかに見せるなど、おしゃれで機能的なウェアはたくさんあります。運動を楽しむなら、見た目にもすっきりしてきれいな肌の方が見栄えします。

脱毛してしまえば、ムダ毛を気にすることなくおしゃれなウェアで運動を楽しめるでしょう。

SNSで発信する機会が多い

ヨガインストラクターなど、ボディメンテナンスの仕事をする人は、体の動きを生徒に見せることが大切です。最近では、動画レッスンなども行っている方も多く、SNSで拡散されるようになりました。

フィットネス風景や鍛えた筋肉を配信する際に、清潔感がないムダ毛が映ってしまうと印象が悪くなります。見た人が憧れたり感動したりする動画をアップするならば、安全な医療機関での脱毛をおすすめします。

まとめ

アスリートやスポーツ選手が脱毛するのは、競技に集中して最高のパフォーマンスを披露するためです。力強さと美しさ、感動を与えてくれるアスリートやスポーツ選手は、安全性の高い医療機関での脱毛が選ばれています。

ペルルクリニックは、組み合わせ自由の時間チケット制度を採用しており、患者の希望に合わせた脱毛が可能です。全身脱毛はもちろんですが、希望部位を集中脱毛できるなど、他のクリニックにはないメニューも豊富に用意しています。

インターネットやラインからの無料カウンセリング予約も行っていますので、気軽に相談してみてください。

脱毛はペルルで最後にしよう!
全身脱毛・医療脱毛(医療レーザー脱毛)を受けられる大宮のペルルクリニック

脱毛の関連記事